読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゅりおん座 〜ダメ人間の成長記録〜

社会の谷底で音楽を作っています

サマソニは外聴きできるのか?実践レポート(QVCマリンフィールド)

こんばんは。churionです。

今回サマソニのこのようなブログを書くにあたって強く言いたいのは

ずるして外聴き、音漏れを聴きにいくことを勧めたいわけではないということです。

もともとは、ちゃんとチケット取っていきたかったんです。

Radioheadが見たかったんです。

でも迷ってるうちに完売してたんです 涙

そんなわけで、諦めきれない私はチケキャンで高額になっているチケットに手を出そうか迷い‥

しかしここは冷静になって、だめもとで、ちょっと会場近くにいってみようと思ったわけなんです。

 

いざ会場近くに着いてみるとこもった重低音が響いていました。

「ああダメかな。」

そう思いながら楽しそうなサマソニ参戦者の間をくぐり抜けて会場をぐるっと周り始めると、いきなり音がスコーンと抜けてくる場所があったのです。

 

それがこの場所↓

f:id:churion:20160823020831j:image

 ‥はい。見にくい絵でごめんなさい‥

「ここ」と書いている場所なのですが、つまりはR側の入場口です。

ここでリストバンドチェックが行われているのですが、L側の観客が見える程入り口が開いています。

つまりは音も相当聴こえるという事です。

トムヨークのMC「アリガトウゴザイマス」もはっきり聴こえます。

ぬおおおお

レディオヘッドおおお!

と感動してしまうぐらいの聞こえ加減でした。

ただ、当たり前ですが姿は見えません。

見えるのは盛り上がっているお客さんと、リストバンドチェックを頑張るスタッフさん達です。

私と同じようにチケットが買えなかった方々が集まっていました。

もしかして毎年常連の方とかいるのだろうか。

 

結果、L側はわかりませんが、R側はとりあえず音漏れ、外聴きとしては◎な場所でした。

 

そして特筆すべきは、全て終わった後の花火です。

先ほどの画像の☆の位置から上がります。

つまり、めっちゃ近くで見えるということです。

この点も、R入り口がおすすめなポイントです。

 

姿が見たくてたまらないのは仕方ありません。

今度Radioheadが来日したり、好きなアーティストがサマソニにくる時はちゃんとチケットを手に入れようと思います。

今年はcreepを演奏した伝説となる年になったので、家にいたらひたすら後悔していただろうな。

とりあえずでも行動して良かった。そう思えた日でした。

 

※これは2016年サマソニの話なので2017年以降変更になる可能性もあります。その場合はご了承ください。